合コン

彼女が欲しいと思った時に、あなたはどういった出会いの方法をされているでしょうか?
社会人男性が異性との出会いを求める場合、ナンパ・合コン・街コン・婚活パーティーなど様々な出会いの方法があります。
今回ご紹介する方法は、そういった出会いの中でも、最も手軽に彼女を作るチャンスができる方法のひとつである合コンです。

あなたは合コンって参加したことがあるでしょうか。
もし参加したことがない場合や、参加したことはあるけどうまくいかなかったという方がいらっしゃれば参考にしていただければと思います。

それでは、合コンで女性の反応を上げる3つのコツをご紹介します。

1、合コン前のメンバー選抜

合コンに参加する際に、同性のメンバーは友人や知人、その日初めて会う人ではなく少なからず自分の情報を持っていたり、気心が知れているという場合がほとんどだと思います。
合コンという特性上、相手の女性メンバーは初対面でも男性同士では交流があり、その中である程度パワーバランスが形成されていることがあります。そのグループ内で自分が不利な位置にいると、そのメンバーで合コンに参加するのは失敗の可能性を高めてしまいます。

そこで必ず同性メンバーはパワーバランスのうまくとれた、お互い切磋琢磨できるメンバーで参加しなければなりません。
もちろんそのパワーバランスで自分が上位にいる場合は、合コンで優位に女性にアピールできるという利点もありますが、自分より下位にいると思っている友人をいじったり、パシったり、悪口を言うのは自分の評価を下げることに繋がりますので絶対にしてはいけません。

2、男性同士で事前打ち合わせ

ベストメンバーで参加するのは必須となりますが、ここで信用できるメンバーで約束事をしておくとより合コンの成功率が上がります。
例えば、席替えの時間。開始から30分や1時間で席替えをするなど決め事を作っておくことです。席替えというのはどうしてもその場の空気を一旦途切れさせることになるので、どれだけスマートに行うかが重要になってきます。一人の意志で席替えを希望してもまだ席替えをしたくないなんて場合もあるかもしれません。しかし同性だけでも意志を固めて居れば必ず半数以上の同意を得てスムーズに行えます。

その他、先に挙げた男性同士でお互いが不利になる情報は言ってはいけませんし、男性同士の呼び名も意外と重要であまり凝ったあだ名だと内輪感が出過ぎてしまったり、○○さんというようなぎこちないのもよくありません。下の名前でフランクに呼ぶくらいが丁度いいです。

また、近年の禁煙ブームもあってかタバコのニオイに免疫がなく、目の前で吸われるのを嫌がる女性が増えています。わざわざ喫煙者であることを偽る必要はありませんが、席ではタバコを吸わないなど約束事を作っておくと、女性にマイナスな印象を与えないで済みます。

3、タイプの女性が居なくてもその合コンを捨てないこと

彼女が欲しいと思って参加した合コンでもし外見的に気に入る子がいなくてもその合コンを捨ててはいけません。
多くの男性は、合コンで相手の女性を見るとすぐに、この子がいいとか、この子はないとか瞬時に判定を下しています。女性からしたら全く失礼な話ですが、やはり外見は多くの男性が重視しています。しかし合コンで失敗しないためには、好みの女性がいない時も最後まで全員が恋愛対象であるように接することが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
少し面倒だと思う方もいると思いますが、こういったことをすることによって女性の反応は格段に上がりますので実践されてみてはいかがでしょうか。

保存

保存