元カノと別れて半年もすると、また彼女が欲しいという思いが鎌首をもたげてきて、マッチングアプリの利用を再開しました。これまで何度かそのアプリを通じて女性と知り合った経験もあったので、割とすぐに気が合う女性と仲良くなれました。ただ、その女性と恋人になりたいかというと何か違う気がしていて、どうやらまだ私は、元カノに未練があるらしいです。

もともとその元カノとも、彼女が欲しいと思った私が使い始めたアプリで知り合った間柄。当時は彼女以外にも何人か交流があって、元カノはその中でも一番仲がよかった相手でした。実は別れた理由も仲違いではなくて、私が遠方に転勤になるということで、遠距離恋愛はつらいとお互いに考えたからでした。いっそのこと結婚でもして一緒に引っ越してしまえばよかったのかもしれませんが、彼女が地元を離れたがらなかったこともあって、別れることになったんです。

元カノはどちらかというとおとなしくて引っ込み思案な性格で、それをどうにかしようと思ってそのアプリを使っていたとのことでした。その性格が変わったのかというと結局はそのままでしたが、私にとってはそういう彼女の性格も好きなところで、2人で何をするでもなく静かに過ごす時間は、特に好きな時間でした。2人でそれぞれ別の本を読んだり、肩を並べて映画を見たり。外に出てデートらしいデートはほとんどしていませんが、彼女が隣にいるからいいかと、そんな心境でした。

そこまで思っていたのだから、本当のところは別れたくはありませんでしたし、転勤も断ればよかったのではと思います。後悔先に立たずとはよく言ったものですね。

そんなこんなで過ごしていたある休日のことです。元カノへの未練に気づいてからこっち、件の女性との交流もそこそこと言った感じで、もう正直彼女とは付き合うことはないだろうなと思っていました。というかそれ以前に、私自身が付き合うつもりがなかったのです。彼女の名誉のために言っておきますが、それは彼女が性格が悪いとかそういうことではありません。偏に私の想いが思いの外凝り固まっていたからです。私が思っていたのは彼女が欲しい、ではなく、実際には元カノと一緒になりたい、だったのです。

だから、その瞬間に私が喜びのあまり彼女を抱きしめてしまったのは仕方がないことだと思います。だって、まさかあの元カノが私を訪ねてくるなんて思いもしませんでしたから。私も地元では実家ぐらしをしていましたし、私の両親も彼女のことは知っていましたので、両親から今の私の住所を聞いて訪ねてきてくれたそうです。

結局そのままなし崩し的に彼女との同棲が始まりました。お金もそれなりに溜まってきましたし、近々、機を見て結婚を申し込もうと思っています。