男女平等がプッシュされた結果、昔に比べると恋愛模様も変わりましたよね?

だから「あまり女性を甘やかすのも良くないし、ちゃんと対等に見ないとな…」と考えるかもしれませんが、ここに罠が潜んでいます。

 

身勝手な話ですが、女性は『平等を求めるわりには男性からいろんなものを与えて欲しくなる』のです。

平等であれば下手なプレゼントはNGに見えますが、なにをどう間違ったのか、「なにも与えてくれない人は私を大切にしてくれない」と思い込むようで…。

 

そんな話を聞くと頭が痛くなるかもしれませんが、

大昔は『素敵な女性には献上品を送って愛情を伝える』という風習があったように、

自分が「この子を彼女にしたい!」と思ったら、ある程度与えることに関して寛容になるべきです。

 

それは彼女探しをしている男性ならば、とくに意識すべきでしょう。

最近は出会い系でも簡単に彼女探しができますが、

そこで延々と会話だけをしていませんか?会話は大切ですが、

女性は男性からのアクション…つまりは与えられることを待っており、そこで上手く立ち回らないといけません。

 

たとえばなにもなしにデートに誘えば、確実に失敗するでしょう。

女性がデートをするのは『この人に会うことでなにかが与えられるから』と考えているからで、

なんの条件も出さずに誘うのはダメでしょう。

 

「じゃあなにをすればいいの?」と思うでしょうが、

簡単です。基本は「一緒にご飯を食べませんか?」と誘い、その代金を自分が出せばOKです。

女性は食事に誘われるのと『食事を奢られること』が大好きで、この場合は『食事を奢られる機会を与えている』わけですね。

 

私も彼女探し中は、気になる子を食事に誘っていました。

すると食いつきのいい子がかなり多くて、何人かは数回のデートができました。

その中でもとくに意気投合した女性とは、ちゃんとお付き合いができたのです。

 

一度でも食事を奢ると一生奢らされそうなイメージがありますが、

そんなことはありません。女性は男性と付き合い、

その男性が好きになると「この人のためになにかしたい!」と考えるため、そこからは女性が男性に対して与える側になるのです。

 

与えられるものは人それぞれですが、たとえば手料理だったり、

あるいはエッチなことだったり、つまりは『恋人らしいこと』が期待できます。そう考えると、最初の奢りくらいは苦ではありませんよね?

 

ずっと奢られ続ける子はどうかと思いますが、ちゃんと相手も何かをしてくれるなら、付き合っても問題ありません。

http://actyosaka-clinic.com/