自分で言うのも情けないですが、私は奥手な男でした。学生時代に彼女も作ったし、セックスしたこともあります。ただ、自分から告白したのにセックスには誘えなくて、結局は我慢できなかった彼女に迫られ、それでようやくセックスをしたのです。

なお、心の準備ができてなかった私は、セックスも上手くできませんでした。だから彼女にもフラれてしまい、それからは彼女探しもしていませんでしたが…とある動画サイトでラブロマンスものの映画を見ると、「久々に、恋人が欲しくなるなぁ…」と思ったのです。

それでちょっとだけ勇気を出して、学生以来の彼女探しをしました。とはいえすでに社会人になっていたから、探すときは出会い系を使いました。社会人だとなかなか同年代との出会いもなくて、ネットに頼るしかありません。

しかし、ネットでの彼女探しは意外と簡単なのか、すぐに会ってくれる女性を見つけました。その女性はA(仮名)という名前で、年齢はほぼ同い年です。顔立ちはどことなくおっとりとした、優しそうな雰囲気でして、実際に性格も大人しめです。

学生の頃の体験もあってか、女性に対してより慎重になっていたので、こういう子はありがたいです。Aも私と会うときはふんわりとした雰囲気でして、関係を急かすような感じではありません。だから私もすぐに好きになって、付き合うまでは簡単でした。

ただ、セックスするまではやっぱり時間もかかりましたね。付き合って半年が経過するまではキス止まりでして、なかなか誘うことができません。もしもAががっつく女性なら、押し倒されてもおかしくないですね。

しかし、セックスしたくないわけではありません。私も男だから性欲はあるし、Aを好きになればなるほどムラムラもするのですが…結局セックスできたのは、家に連れて来て『マッサージ』をしてもらったときでしたね。

この日もセックスするつもりはなくて、一緒にのんびりとDVDを見ていました。ちなみに私は連日の残業で疲れていて、少し眠そうにしていたら、Aが「疲れていそうだし、マッサージしようか?」と言ってくれたのです。

素直にそれを受け入れると、これがかなり気持ちいいです…というかAがうつ伏せの私に馬乗りになってくれたのですが、その感触にドキドキし、しかもマッサージで血行が良くなったせいか、股間が硬くなってしまったのです。

そうとも知らずに私を仰向けにしたAは、勃起したアレを見て「あ…そんなに良かったの?」と照れつつも期待した目を向けてきて、ここからは自然にそういう空気になったのです。

こうして私はAとの初セックスをして、もっと仲良くなれました。奥手な私は、あのときのマッサージがなければまだセックスしてなかったかもしれません。