彼女が欲しいと思っているだけで彼女が作れる人なんて、ほんの一握りのモテる男性だけです。
その他の男性は彼女を作るためには努力しなければいけません。
ですがその努力は学生の時と社会人になってからとでは、努力の方向が異なります。

学生時代は結婚などを意識せずに自由に恋愛を楽しむ事が出来る貴重な時期です。
放課後の制服デートなど学生だからこそやってみたい事もいろいろとありますよね。
まず通っている学校が共学であれば、学校には同世代の女性がたくさん存在する訳です。
出会いのチャンスは社会人と比べて圧倒的に多いと言えるでしょう。

しかも学生時代は彼女が欲しい、彼氏が欲しいと恋愛をしたい人がたくさんいるので恋人が作りやすい環境だと言えます。
ではそんな学校生活で気を付けたい事を紹介します。

まずいくら彼女が欲しいと思っていても、ガツガツと行動に出てはいけません。
草食系男子が増えてもっと男性に積極的にアプローチして欲しいと思っている女性もいますが、あまりガツガツと積極的すぎるとやりたいだけと思われて女性は引いてしまうので注意してください。

そして学校で噂になるような行動は絶対にしてはいけません。
例えば告白されたけど好みのタイプじゃなかったから断ったとします。
別に告白を断る事自体は悪い事ではありませんし、それだけでは噂になりません。
問題はその断り方がひどいなどと噂になってしまうと、女子のネットワークは広いのであっという間に学校中に噂が広がってしまい、女子全員から嫌われてしまうという怖さがあります。

そのため好みではない子でも優しく断る事を心掛けましょう。
また可愛い子にだけ優しくしてブスには冷たい態度をとる、そんな差別的な行動をとっている場合ブスから嫌われるだけでなく、可愛い子からも嫌われてしまうので注意してください。
可愛い子にもブスにも平等に優しく接する事で、○○君は優しいという印象を持ってもらえます。

そしてモテるためには、何か目立つ事がなければいけません。
例えば勉強はできないけれどスポーツが得意でクラスで1番早く走れる。
スポーツは苦手でも勉強が得意というのであれば、勉強を教えるという名目で親しくなれるかもしれません。
音楽が好きで軽音楽部でギターを弾いている、美術部で絵やイラストが得意など、人よりも何か得意な事を作る事で注目をしてもらえます。

彼女が欲しいと思っていても学生時代は、気恥ずかしさからなかなか女性に対して素直になれませんよね。
ですが学生時代に恋人を作り女性の扱いに慣れておく事で、その後の人生もモテるかどうかが大きく変わってくるので学生時代にどう過ごすのかは重要だと言えます。