彼女が欲しいと初めて思ったのは、友人の結婚式に招待されたときのことでした。

その友人とは中学以来の間柄で、当時は色恋沙汰とは無縁な感じでしたがいつの間にか彼女ができ、気づいたら結婚していました。式での彼の幸せそうな顔を見ていると羨ましくなった、というのが正直なところです。

かといって今まで彼女が欲しいなんてことを思ったことはなく、つまりは経験が圧倒的に不足していた私はどうしたものかという事態に陥りました。そこで友人に相談したところ、教えられたのが出会い系のアプリでした。なんでも、奥さんと知り合ったのもそのアプリだったようです。
とはいえそういうのは安全なのかという疑問はどうしてもありました。確かに目の前に実際に出会えて結婚までこぎつけた人間がいることにはいますが、それを自分に当てはめて考えるとなるとなかなか難しいものです。押し切られて登録はしたものの、しばらくほったらかしにしていました。

結局そのまま放置して数ヶ月。ふとそのことを思い出して、どうせ使わないなら消すかとアンインストールしようとしていたときでした。最後に見てみようと久しぶりにアプリを起動してみると・・・突然スマホに通知が。見るとそのアプリからの通知で、私宛にメッセージが届いたというものでした。
起動したとほぼ同時だったものですから驚いて、もしかして今まで溜まっていたメッセージのことだろうかと開いてみるとそういうわけではなく、まさに私がアプリを開いたタイミングでメッセージの受信があったようでした。そんなことがあると流石に気になりますから開いてみると、ある女性からのメッセージでした。
最初に登録したときに、友人に促されるままにプロフィールを登録していたんですが、そのときに趣味としてバイクと書いていたんです。まあ実際バイクで走るのは好きですから。その女性も、バイクが趣味でよく走っているそうでした。

結論を言ってしまいますと、その女性とはその後やり取りを続けて、実際に会いました。印象は涼し気な雰囲気の落ち着いた美人といった感じで、一言にまとめてしまえばクールビューティといった感じです。今では一緒にツーリングに行ったりしています。まだ恋人という間柄とは違うとは思いますが、最近は彼女となら一緒になってもいいななんて思っています。ただ今は彼女が欲しいという思いよりも彼女と一緒にもっと色々なところを走りたいという思いが強いので、そうなるのは当分先だとは思いますけど。