彼女が欲しいと思っていても、思っているだけでは彼女を作る事は出来ません。
そして彼女を作る上で大切は事は、日頃から「彼女が欲しい」と周囲に公言しておく事です。

公言しなければその人に彼女がいるのかどうか分かりませんし、彼女がいない場合でも今彼女を作りたいと思っているのかどうか分かりません。そのため恋愛対象として意識されていない可能性があります。

だけどちょっといいなと思っている人が「彼女が欲しい」と言っていたら頑張ってみようかなと思ってくれる女性がいるかもしれませんよね。そこまで上手くいかないにしても、例えば合コンをする時に誘ってくれる可能性が高くなります。

それに合コンではなくても、友達が「彼氏が欲しいけど誰かいい人いない?」と聞かれた時に紹介してもらえるかもしれません。
つまり彼女が欲しいと公言しておく方が公言しないよりも、出会いのチャンスが増えると言えるでしょう。

それに自分自身にもはっぱかける意味合いがあります。
公言していてずっと彼女を作れない状況では情けないですよね。
そのためもっと積極的に行動して彼女を作らないとという状況に自分を追い込むわけです。

そして積極的な行動とは出来る事は何でもやってみましょう。
合コンに参加する、自分で合コンの幹事になってもいいでしょう。
幹事は大変ですがその分交流範囲も広くなり、知り合いが増えるというメリットもあります。

それから街コンに参加してみたり出会い系サイトなどネットも活用してみるといいでしょう。
他にも何か習い事を始めてみたりジムに通うなど新しい事を始める事で出会いがあるかもしれません。
どの方法が上手くいくかなんて誰にも分からないので、いろんな方法を試してみてそのうちのどれか1つでも成功すればOKです。

社会人になると学生の頃よりも出会いも少なくなり自分のために使える時間も少なくなってしまいます。
それに恋愛も経験値が大切です。
恋愛に不慣れな人よりも恋愛に慣れている人の方が相手を傷つけずに上手く付き合う事が出来ます。
そして慣れるためには彼女を作る以外の方法はありません。

学生のうちは失敗しても許される事が大人になると失敗をすると恥ずかしい事に変わる事は多々あります。
それなら学生のうちに、たくさん失敗しておくためにも彼女を作るべきだと言えます。
年々いろいろはハードルは上がってしまいます。

なので今は彼女を作る事よりも友達と一緒に騒いでいる方が楽しいという人でも学生のうちに彼女を作って経験を積んでおくべきだと言えます。