失恋直後の女性は、かなり傷付いて弱々しくなっている…そんな風に言われますが、個人的には男も大差ないと思います。というか私も少し前に失恋したのですが、やっぱり相手からフラれると、それなりにきついものがありますね…。

仕事終わりに呼ばれ、喫茶店で別れを伝えられ、そして店を出てから別々に歩み始めたわけですが…彼女が目の前からいなくなると、いつも以上に仕事疲れを感じ、たまらずにタクシーを呼びました…あのまま歩いて帰ろうとしていたら、朝になりそうですからね…。

失意のまま目覚めて会社に向かうと、仲のいい同僚も「なんか目が死んでるけど、大丈夫?」と心配をしてきました。さすがに痴情のもつれを職場に持ち込むわけにはいかないから、「ごめん、ちょっと寝不足で…」と言いましたが…この日は仕事でのミスが多く、想像以上に失恋がつらかったのです。

本当ならそのまましばらくは引きこもりたかったですが、私は早々に彼女探しを始めました。そんな気分じゃないっていうのもありますが、それ以上に「失恋すると女の子が恋しくなる…」と感じていたので、出会い系で彼女探しをするしかなかったのです。

ここまでは不幸のどん底で、明るい未来なんて想像できなかったのですが…しかし、出会い系での彼女探しは速攻で終わり、今は彼女もいます。そう、失恋直後の悲しみを吹き飛ばすような、運命的な出会いがありました。

出会い系で私が話しかけたのは、C(仮名)という女の子です。Cを選んだ理由は「彼氏と別れた直後で寂しいです…」という書き込みをしていたからで、お互いが失恋直後なら悲しみも共有できると思ったのですね。

そして、それは大当たりです。私が「やっぱりフラれる側ってつらいですよね…」と言うと「分かります…!」と同意してくれて、そこからは失恋した者同士の慰め合いが始まりました。

その流れで翌日に会う約束をし、仕事終わりにCと落ち合ったら、そのまま居酒屋に直行です。お互いがやけ酒をあおり、気分が良くなったらカラオケでフリータイムを使い、夜通し歌い続けて悲しみを忘れようとしました。

なお、この一件ですぐにCとも仲良くなり、あっさりとお付き合いができました。今は「もう前の恋人なんかどうでもいいね!」とお互いが笑い合うほど仲良くなり、「失恋はつらかったけど、Cと付き合えたし別にいいか!」と思えるようになりましたよ。

失恋直後の男女が出会うと本当に好都合なので、悲しむ暇があったら彼女探しをするほうがいいかもしれません。