誰でもいいというわけではないですよね。見た目の好みはあるでしょうし、何より性格が合わなかったりそもそも明らかなダメ人間、破滅的な人格だったりしたら、やっぱり付き合いたいとは思いません。

これは僕の友人の話。よく友人の話というと実は語り手本人の話だったりしますが、これは本当に、僕が小学校の頃から付き合いがある幼馴染の話です。ちなみにその友人は在宅で個人事業みたいなことをやっています。

そいつは20代になっても彼女いない歴=年齢であることを常々嘆いていて、彼女が欲しいとしょっちゅう言っていました。そんな彼が使い始めたのが、彼氏彼女が欲しい人間がよく使っているらしいマッチングアプリ。結構人気なアプリみたいで宣伝にも力を入れているらしく、街中で宣伝カーや看板をよく見ますから、僕も名前だけは知っていました。

で、その中でどうやら気に入った女性を見つけたらしい彼は、上手いことその女性と会う約束を取り付けたらしいんです。その前日に彼と会うタイミングがあって、そのときに服装や何に注意したらいいかを聞かれました。僕としては正直面倒くさかったこともあって、そのままでいいなじゃないかといいましたが。

その後しばらくは彼からこれといって連絡もなく、こちらから連絡することもなかったのでその間に何があったのか詳しいことは分かりません。ただ、2ヶ月ほど経って彼から連絡が入り会ってみると、以前会ったときと比べて少しばかりやつれていました。
なんでも件の女性とはそのまま恋人同士になったらしいのですが、その女性が何かと拘束したがる女性だったようで、僕や他の友人と連絡を取ろうにもスキがなく、仕事を理由に外に出るという手段も使えずにいて、今日になってようやく抜け出せたとのこと。本人はもう彼女を好きという気持ちは薄れ始めていて、むしろ恐怖を覚えているのかしきりに周囲を警戒していました。

それから紆余曲折を経て彼はその女性と別れることができたんですが、あれだけ彼女が欲しいと言っていた彼が女性恐怖症気味になってしまったことはかわいそうに思います。世の中にはそういう彼女が欲しいと考える男性もいるのかもしれませんが、彼の衰弱といっていい変化を間近で見てしまった僕としてはやはり遠慮願いたいと思います。

ちなみに、僕には彼女が、というか妻がいます。妻は奔放というか放任主義というかお互い好きなことを好きなようにやればいいといった感じ。最終的にお互いがお互いのところに帰ってくればいいといった考えらしいです。