大学生にもなって一度も彼女ができたことがなく、「いい加減に彼女が欲しい!」と叫んでみたところで出会いもなく。そんな僕に、友人が勧めてきたのがマッチングアプリでした。分かりやすく言うと出会い系ですね。最近ではこういうサイトやアプリも運営側の努力のおかげか危険性が下がっていて、むしろ彼女探しのマストアイテムという側面を持ち始めています。実際その友人も彼女が欲しいという思いからアプリを使い始め、見事に彼女をゲットしていました。それも、何をどうしたらそんな人と出会えるのかというほどの美人の。

恋は戦場

 僕が使い始めたのは数あるマッチングアプリの中でも登録人数が一番多いと言われているやつで、実際開いてみるとやはりいろいろな女の子が登録していて、これなら僕にもチャンスはあるかな、なんて軽く思っていました。

 だけどまあ現実はそう簡単にはいかないわけで。僕がそうであるように彼女が欲しいと声を上げてアプリを使っている男性もまた多いのが実情。1人の女の子に複数の男が声をかけていることなんて珍しくありません。その様相はまさに戦場。中には真剣に彼女探しをしていない人もいるでしょうが、こちらからしてみればそんなことは関係なくみんなライバルであり敵でもあります。結局、はじめて登録している女の子と交流できたのは、僕が登録してから2ヶ月くらいしてからのことでした。その子とは縁がなかったのか結局実際に会うことはありませんでしたけど。

同じ趣味の子と出会えた!

 それから大体半年は経ちます。先日、首尾よく仲良くなった女の子と直接会う約束を取り付けました。その子は少し幼さは残るものの僕と同い年で、はにかんだ笑顔が印象的な子です。LINEのIDも交換していて通話のほうでも話したことがあるんですけど、声もとても可愛くて今からドキドキしています。何より僕と同じく登山が趣味だというところも嬉しいところ。初めて合う場所も街を一望できる山の麓で、そのまま登山デートをすることになっています。そのときには弁当を作ってきてくれるというので、それもとても楽しみです。僕が真剣に彼女が欲しいと思って彼女探しを始めたことは伝えてあるので、もし会ったときに雰囲気がよければ、そのまま告白しようと思っています。

 彼女が欲しいと言いながらもろくに行動していなかった僕にアプリを勧めてくれた友人には感謝してもしきれません。皆さんも彼女が欲しいと思うだけで何もせずにいるのなら、マッチングアプリでの彼女探しをオススメしますよ。