社会人になると出会いの場が少なくなってくるというのはよく聞きます。
では社会人は彼女を作ることは出来ないのか。そんなことはありません。社会に出た人でも彼女がいる人はいます。
それは出会いの場を求めるのではなく自ら設けたから。今回は社会人が彼女を作るための4つの法則をご紹介。

7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_m

1.楽しいことうれしいことなどを考える(引き寄せの法則)

引き寄せの法則と呼ばれるものがあります。本来はビジネスの世界でよく使われる言葉ですが恋愛にも同じことが言えます。

そもそも引き寄せの法則とはなにか。簡単に言うと思ったことがそのまま実現するということ。
つまりこの法則はあなたの「思考」や「感情」が「それ自身に似たものを引き寄る」と言うこと。これが「経験」に変わるのです。

彼女が出来ないからもう言いやと思っていれば当然彼女はできません。
こんな彼女が欲しいと思い描き、自ら積極的に恋活を行うことでいい結果が引き寄せられるということ。

 

2.清潔感を出す(見た目の法則)

清潔感を出すことは難しくありません。髪の毛はきれいに整える(自然な髪型、あるいはヘアセットをちゃんとしてある)、
無精ひげを生やさない(ひげが生えていてもきれいに整えてある)などさまざまです。

ほかには自分の見た目にあった服を着るなどが上げられます。
第一印象が出会いの重要な始めの一歩といえます。

3.客観的に見る(見極めの法則)

これは相手のことと自分のことをいかに客観的に見れるのかと言うことです。
相手の話を聞くのはもちろん、話すときは相手の表情なども見れるかが大切です。

自分のことを話すときに相手の表情を読み相手が退屈していないか等を見極められると印象はぐんと上がります。

4.目線のあわせかた(アイコンタクトの法則)

恋愛に慣れていなかったり人見知りの人は目を見れば分かるといわれています。
恋愛に慣れていない人は四方八方さまざまなところに目線を泳がせがち。

こうなると挙動不審で相手の女性は自分に興味が無いのでは?と思ってしまいます。
基本的には相手の目を見て話すのがベストですがじっと見つめていても初対面や友達の場合は少々気持ち悪がられます。
面接や職場の会議といった真剣な場面では相手の目を見るのは常識です。
恋愛の場合は5~10秒に一度目線をはずすと良いといわれています。

目線をずらすのは縦方向。例えばカフェなどで会話をしているときは相手の目を見た後自分の手元やカップを見つめ、
また相手の目を見ると良いでしょう。