この前、いろいろあって『パンチラ』が見れたんですよ。

パンチラというよりはパンモロかもしれませんが、

やっぱり男にとってパンチラは興奮材料でして、そのときは我慢できず、ちょっとすごいことになりました。

 

その日は、割り切りサイトで知り合った女性とデートしていたんです。

サイトで見つけた女性は33歳の人妻でして、名前はM(仮名)と言いました。

実はMみたいな人妻も割り切りサイトを使うことがあり、「人妻とやってみたいなぁ」という男性は、チェックするといいですよ。

 

私は人妻狙いではありませんでしたが、人妻が嫌いではありませんし、

なによりMは話しかけるとすぐに「ねえ、デートしない?」と誘ってきて、大変積極的でした。

割り切りサイトでデートに誘われたら、確実にセックスできますからね。

 

そして待ち合わせ場所に向かったら、ロングスカートを履いたMがいました。

さすがに30代にもなるとミニスカートは恥ずかしいらしく、

丈の長いスカートしか履かないみたいです。ロングスカートだとパンチラはまず期待できないですし、私は諦めていました。

 

ただ、Mは美人ですし、ラブホテルに行けば見られるから、気にしていません。

セックスできる相手のパンツは遅かれ早かれチェックできる…のですが、

ここから神がかった偶然が起きまして、大興奮の瞬間が訪れるのです。

 

Mが好きなスポットということで、海沿いの公園に来ました。

この日は風が強く、しかも海沿いだから風を遮るものがなくて、

私は「女子高生がいれば、パンチラが見られそうだなぁ…」なんて思っていたんです。

しかし、この強い風は、ロングスカートすら無力なようで…。

 

突如吹いた風はMの鉄壁に見えたスカートを思いっきりめくり、パンツを丸見えにしたのです。

ちなみにパンツの柄は白と黒の縞々でして、人妻にしては可愛らしさが先行する感じでした。

これからセックスをすると分かっていてもMは恥ずかしいようで、すぐにスカートを押さえたのですが…。

 

予想外のパンチラは予想以上に興奮できるせいか、

私は我慢できずにMをトイレに連れ込み、そこで求めてしまいました。

公園からラブホテルに行くにはちょっと時間がかかるし、あんなパンチラを見ては我慢できなくて…。

 

Mはしぶしぶトイレでさせてくれて、その後はラブホテルでもセックスができました。

「もうパンチラで興奮する年齢じゃない…」と思っていたのですが、まだまだパンツは眩しいですね。

不意のパンチラには、ある意味注意が必要かもしれません。